歌詞

二〇一九年卯月十三日

T字路

大人(おとな)げないまま こんな大人(おとな)()りました
将来(みらい)のちょっと(さき)の T()字路(じろ)()っています


貴方(あなた)はこれからどこへ?

(きみ)こそどちらまで?

おんなじ方面(ほうめん)なら お(とも)します 途中(とちゅう)まで

由比(ゆい)()(はま)夕陽(ゆうひ) (夕陽(ゆうひ))
()
らめく(かげ)ふたつ (ふたつ)
ひとつに
(かさ)なる

寸前(すんぜん)


しらけトンビ(とんび)が ぐるりと()をかいた
毎度(まいど) そんなだから ドラマ(どらま)になるのかな? ななななな


よかれと(おも)ったことが
裏目(うらめ)()てばかり

きっとそれも個性(こせい) よく()えば世界遺産(せかいいさん)

踏切(ふみきり)
()こうに (()こうに)
相模湾(さがみわん)(ひか) ((ひか))
ねぇ、きいて
なんて(いま)
()
ったの?


電車(でんしゃ)()ぎたら いつもの(きみ)(ぼく)
今日(きょう)
もこんなだから「つづく」があるのかな?


路地(ろじ)三毛猫(みけねこ) (あわ)てて()()いた

そんな(あま)事件(じけん) この(さき) ないのかな?

あるのかな?
ないのかな?
どっちかな?



islily at 19:29|PermalinkComments(0)

二〇一九年卯月十二日

なぜ めぐり()うのかを
(わたし)たちは なにも()らない

いつ めぐり()うのかを
(わたし)たちは いつも()らない

どこにいたの ()きてきたの
(とお)(そら)(した) ふたつの物語(ものかたり)


(たて)(いと)はあなた (よこ)(いと)(わたし)
()りなす(ぬの)は いつか(だれ)かを
(あたた)めうるかもしれない


なぜ ()きてゆくのかを
(まよ)った()(あと)の ささくれ

夢追(ゆめお)いかけ(はし)って

ころんだ()(あと)の ささくれ
こんな(いと)が なんになるの

心許(こころもと)なくて ふるえてた(かぜ)(なか)

(たて)(いと)はあなた (よこ)(いと)(わたし)
()りなす(ぬの)は いつか(だれ)かの
(きず)をかばうかもしれない

(たて)(いと)はあなた (よこ)(いと)(わたし)
()うべき(いと)に 出逢(であ)えることを

(ひと)は 仕合(しあ)わせと()びます



islily at 11:25|PermalinkComments(0)

二〇一九年弥生廿九日

明日があるさ

いつもの(えき)でいつも()
()()(ふく)のお()(かみ)
もう()(ころ) もう()(ころ)
今日(きょう)()ちぼうけ

明日(あした)がある 明日(あした)がある 明日(あした)があるさ

ぬれてるあの()こうもりへ
さそって()げようと()っている
(こえ)かけよう (こえ)かけよう

だまって()てるボク(ぼく)
明日(あした)がある 明日(あした)がある 明日(あした)があるさ

今日(きょう)こそはと()ちうけて

うしろ姿(すがた)をつけて()
あの(かど)まで あの(かど)まで
今日(きょう)はもうやめた

明日(あした)がある 明日(あした)がある 明日(あした)があるさ

(おも)いきってダイヤル(だいやる)

ふるえる(ゆび)でまわしたよ
ベル(べる)()るよ ベル(べる)()るよ

()るまで()てぬボク(ぼく)
明日(あした)がある 明日(あした)がある 明日(あした)があるさ

(はじ)めて(おこな)った喫茶店(きっさてん)
たった一言(ひとこと)()きです」と
ここまで() ここまで()
とうとう()えぬボク(ぼく)
明日(あした)がある 明日(あした)がある 明日(あした)があるさ

明日(あした)があるさ 明日(あした)がある

(わか)ボク(ぼく)には (ゆめ)がある

いつかきっと いつかきっと
わかってくれるだろう
明日(あした)がある 明日(あした)がある 明日(あした)があるさ



islily at 10:35|PermalinkComments(0)

男の勲章

つっぱることが(おとこ)のたった(ひと)つの勲章(くんしょう)だって
この(むね)(しん)じて()きてきた

()きたくなるような つらい(とき)もあるけど

いつも(おれ)たち がんばってきた
(とき)(おも)さに(なが)されそうになった(とき)でも

()をくいしばりたえてきた

ガキ(がき)のころ 路地裏(ろじうら)() 夜空(よぞら)キラ(きら)めいた

(なが)れる(ほし)() (ちか)った(おも)いを(わす)れちゃいないぜ


つっぱることが(おとこ)のたった(ひと)つの勲章(くんしょう)だって
この(むね)(しん)じて()きてきた

(こおり)のように (つめ)たい 世間(せけん)(かべ)

いつもさえぎる 俺達(おれたち)(まえ)
(むね)にえがいた この(ゆめ) ハンパ(はんぱ)じゃないから

かじかむこの() にぎりしめ
ガキ(がき)のころ (あか)トンボ(とんぼ) ()いかけてた(とき)

()えてた(ひとみ) (いま)でも俺達忘(おれたちわす)れちゃいないぜ


つっぱることが(おとこ)のたった(ひと)つの勲章(くんしょう)だって
この(むね)(しん)じて()きてきた

つっぱることが(おとこ)のたった(ひと)つの勲章(くんしょう)だって
この(むね)(しん)じて()きてきた



islily at 10:20|PermalinkComments(0)

二〇一九年弥生廿六日

銀の龍の背に乗って

あの(あお)ざめた(うみ)彼方(かなた) (いま)まさに(だれ)かが(いた)んでいる
まだ()べない(ひな)たちみたいに (ぼく)はこの非力(ひりき)(なげ)いている
(いそ)(かな)しみ (つばさ)()われ

(いそ)傷跡(きずあと) 羅針盤(らしんばん)になれ

まだ()べない(ひな)たちみたいに (ぼく)はこの非力(ひりき)(なげ)いている


(ゆめ)(むか)えに()てくれるまで (ふる)えて()ってるだけだった昨日(きのう)
明日(あした)
 (ぼく)(りゅう)足元(あしもと)(がけ)(のぼ) ()ぶよ「さあ、()こうぜ」

(ぎん)(りゅう)()()って (とど)けに()こう (いのち)砂漠(さばく)

(ぎん)(りゅう)()()って (はこ)んで()こう 雨雲(あまぐも)(うず)


(うしな)うものさえ(うしな)ってなお (ひと)はまだ(だれ)かの(ゆび)にすがる

(やわ)らかな皮膚(ひふ)しかない理由(りゆう) (ひと)(ひと)(いた)みを()くためだ

(いそ)(かな)しみ (つばさ)()われ

(いそ)傷跡(きずあと) 羅針盤(らしんばん)になれ

まだ()べない(ひな)たちみたいに (ぼく)はこの非力(ひりき)(なげ)いている

わたボコリ(ぼこり)みたいな(つばさ)でも ()()みたいな(たよ)りない(つめ)でも
明日(あした) (ぼく)(りゅう)足元(あしもと)(がけ)(のぼ) ()ぶよ「さあ、()こうぜ」

(ぎん)(りゅう)()()って (とど)けに()こう (いのち)砂漠(さばく)

(ぎん)(りゅう)()()って (はこ)んで()こう 雨雲(あまぐも)(うず)


(ぎん)(りゅう)()()って (はこ)んで()こう 雨雲(あまぐも)(うず)

(ぎん)(りゅう)()()って

(ぎん)(りゅう)()()って



islily at 16:56|PermalinkComments(0)

LEMON

https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-11243.html

islily at 16:28|PermalinkComments(0)

君をのせて

あの地平線(ちへいせん) (かがや)くのは
どこかに(きみ)をかくしているから
たくさんの()が なつかしいのは
あのどれかひとつに (きみ)がいるから

さあ でかけよう ひときれのパン
ナイフ ランプ かばんにつめこんで

父さんが(のこ)した (あつ)(おも)
母さんがくれた あのまなざし

地球(ちきゅう)はまわる (きみ)をかくして

(かがや)(ひとみ) きらめく(ともしび)
地球(ちきゅう)
はまわる (きみ)をのせて

いつかきっと出会(であ)う ぼくらをのせて

父さんが(のこ)した (あつ)(おも)
母さんがくれた あのまなざし

地球(ちきゅう)はまわる (きみ)をかくして

(かがや)(ひとみ) きらめく(ともしび)
地球(ちきゅう)
はまわる (きみ)をのせて

いつかきっと出会(であ)う ぼくらをのせて



islily at 11:18|PermalinkComments(0)

二〇一七年皐月四日

おとなの掟

https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-9258.html

islily at 11:44|PermalinkComments(0)

二〇一七年弥生十七日

TOO YOUNG TO DIE集中

天国 hard version https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-8945.html
天誅 https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-8955.html
TOO YOUNG TO DIE https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-8944.html
 

islily at 17:51|PermalinkComments(0)

二〇一七年弥生十五日

まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL

https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-7356.html

islily at 15:14|PermalinkComments(0)