仰ぎて天に愧じず希望の宇宙の

二〇一三年皐月廿二日

arcadia

かぜてんけてく
ひかりらしてく
ひとゆめいだ
そう名付なづけた物語ものがたり
arcadia

 

はるかなそらうそよ風
どこまでも自由じゆうばたいてけ
はじまりはどんなにちいさくたって
いつかあらしわれるだろう
さあねがいをねが者達ものたち
ひろげて 大地蹴だいちけって
しんじるなら

 


うみよりもはげしく
やまよりも高々たかだか
いま
わたしかぜになる
ゆめてまで
ヒュルラリラひゅるらりら
もっとつよくなれ
ヒュルラリラひゅるらりら
目指めざ arcadia

 

太陽たいようしずわるとき
づきけてものぼかがやいた
それはたと今日きょうが傷ついても
まれはじめる明日あしたがある
もうわれない物語ものがたり
やみこうへ そこ
どこだっていい

 


ほのおよりもあつ
こおりよりもするど
まだ
わたしかがやける
命尽いのちつきても
キラリレラきらりれら
すべてをらしてく
キラリレラきらりれら
ひか arcadia

 

さあねがいをねが者達ものたち
ひろげて 大地蹴だいちけって
しんじるなら

 


うみよりもはげしく
やまよりも高々たかだか
いま
わたしかぜになる
ゆめてまで
ヒュルラリラひゅるらりら
もっとつよくなれ
ヒュルラリラひゅるらりら
目指めざ arcadia

 



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



islily at 13:55│Comments(0)│ │自用 | 歌詞

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仰ぎて天に愧じず希望の宇宙の