二〇一二年卯月

二〇一二年卯月十五日

たとえばうみそこ
あなたがきてるのなら
わたしはほんあしって
さかなになろう


ふかみへちるほどにあなたがちかづくのなら
てないやみ彷徨さまよかげ
なってもいい


あでやかにただようわ たしの陽炎かげろう
かなわない現実ひびに  おぼれていただけ
あなたはいない
わかっている
わかっている


のぼる のぼる 太陽たいよう
わたしの場所ばしょ浄化じょうかする
あおきざ刻印こくいん
ぬるぬるかぜがさらっていく




たとえばこの言葉ことば
あなたにとどくのならば
わたしの声帯せいたいげて
ててもいい


あざやかなきず失 くした現在いま
なにもかもうばう  あなたの温度おんど
もとめていた
もとめていた
まぼろしでも


える える ぬくもりが
わたしの場所ばしょれていく
ばつぬぐうそのうで
かれながらねむりにつきたい


のぼる のぼる 太陽たいよう
わたしの場所ばしょ浄化じょうかする
ばつぬぐうそのうで
かれながらねむりたい




える える ぬくもりが
わたしの場所ばしょれていく
あおきざ刻印こくいん
ぬるぬるかぜがさらっていく


むしばんでいく 記憶きおく破片はへん わたしをふさぐピアスがりない
わすれてしまう ぼやけてしまう あなたのこえ雑踏ざっとうえる
むしばんでいく ちていく わたしをふさぐピアスがりない
跡形あとかたもなく わすれてしまう あなたのこえ雑踏ざっとうになる

islily at 14:12|PermalinkComments(0)│ │自用 | 歌詞

魂こがして

スポットライトは孤独こどくうつ
色褪いろあせた 場面ばめんにピリオドを
片道かたみちキップをまい
よろこびとかなしみの停車場ていしゃじょう

いえまちも とおはなれて
一人ひとり

 みちはし
ボクサーのようにやみひらけ!
たましいこがして

ピエロにつかれて ねむれぬよる
ゆめまた夢見ゆめみるさ あのむね
<a href="http://trans.hiragana.jp/ruby/http://jpop.yinyueabc.com/%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E5%87%8C/%E9%AD%82%E3%81%93%E3%81%8C%E3%81%97%E3%81%A6/">魂こがして 歌詞<a> 
<a href="http://www.yinyueabc.com">音樂 ABC<a>
歴史れきしのこすさ このこいだけは
足元あしもとにひかれてるラインをして

あいかねも いままでいつも
ひとときだけ あつ
花火はなびのようにえちまったよ
こころこがして

いえまちも とおはなれて

一人ひとり

 みちはし
ボクサーのようにやみひらけ!
たましいこがして

たましいこが
続きを読む

islily at 14:12|PermalinkComments(0)│ │自用 | 歌詞

二〇一二年卯月五日

向日葵不開的夏天

很噁心的一本書
整個故事的氛圍都不太對勁
覺得哪裡怪 但是說不上來
而且還有用來混淆視聽或轉移注意力的人
讓人覺得似乎是他造成這種不協調感的 但同時又覺得不只這樣
我覺得這本書是衝著讀者來的
看完之後覺得處處都是'你現在覺得前面哪段哪段如何呢 呵呵'那種挑釁的聲音
不舒服

故事一開始讓我們覺得媽媽很怪
然後是老爺爺很怪 再來是老師非常的可疑
接下來S也不對勁了 主角好像也哪裡出了問題
當知道索婆婆是貓之後 開始對裡面的人都產生不信任感
誰是人 誰不是人的型態
沒想到下一個爆出來的是美加
自以為他到處都能被證明是個人 但回頭一看發現其實什麼都沒有

偵探遊戲結束 某方面的算是解決了事件
而主角與父母的關係 看起來是得到了解放....
用這種 令人不舒服的方式


islily at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)│ │閱讀 

二〇一二年卯月二日

女兒紅

拜五下班匆匆從新店衝到城市舞台
那邊的路我不熟 時間也不會估 路途遙遠我心慌慌啊
還好我妹公司在那邊 能夠幫我精準的報路
當天碰上阿妹的演唱會 還好沒造成什麼影響
但有看到捧著花束的人 還挺有趣的XD
抵達後才驚覺這是首場
買票是去年年底的事情 只記得自己買了前幾場
居然是首場!!! 有點興奮!
我們的位置在二樓二排18 20
角度有點偏 雖然整體感覺影響不大
開場前 兩邊的字幕牆告訴大家 本片有爆破場面 請注意
還覺得很疑惑 什麼爆破啊 是有多恐怖XD

 
続きを読む

islily at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)│ │舞台表演